読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の彼女はオトコマエ!遠距離恋愛系雑記帳

このブログは年上彼女ユウキさんとの惚気話を記録する日記です。ただいま遠距離恋愛中!

4.26 寄り添う

偶に僕が勝手に不安になる。

好きでいてくれてるだろうか。

嫌われたりし始めて無いだろうか。

冷静に考えたら、嫌われるなんて無い事は分かってる。

たぶん幸せだからなんだろう。

メンタル的にドン底から数ヶ月でこの状況。

幸せ過ぎて、上手く行き過ぎな気がして不安になる事があるのだ。

なんとまあ贅沢な話だろう(笑)


でも寝る前に僕が愛してるよとか声かけたら必ず「私も愛してるよ」と返してくれる。

その度に泣きそうになるくらい嬉しいし安心して眠りにつける。

昨日も二人で電話していた。

将来の話をしたり趣味の話をしたり家族の話をしたりして過ごした。

本当に幸せな時間。

終わり際に、、。

「いつも遅くまで話してくれてありがとう」

て言ってくれた。

でもそれはこちらの台詞なのだ。

いつも僕が不安な時、辛い時、それを消し飛ばしてくれるのはユウキさんだ。

喜び、悲しみ、怒り、その時々の僕に寄り添ってくれる。
こちらこそ、いつもありがとう

感謝してます(*´ω`*)

f:id:Iwalkslowlyinmylife:20170425022202j:image

4.25 開拓

f:id:Iwalkslowlyinmylife:20170424192247j:image

昨日は仕事を終わらせてからだらだらと。

ユウキさんは仕事に行ってるから電話も出来ないし、思い切って冒険に。

いつも行く銭湯ではなく、行った事が無い隣町の銭湯へ。

山を越えて行かねばならないのだが思い立ったのが夕方。

薄暗い山道を一人で走るのはなかなかに不安になる。

対向車がたまに来たら安心するんだけど。

あまりに山道が続くから不安すぎて音楽全開で一人カラオケばりに熱唱しながら走る。

とりあえず安奈を歌いながら走る事30分。

ようやく目的地へ。

中は意外と綺麗で広いし値段も安い。

ただ風呂の種類は普段の方が多いかな。

終わってからコーヒー牛乳を美味しく頂く。

ユウキさんが嫁いで来たら偶にドライブがてら来ても良いなーと思って過ごした。

f:id:Iwalkslowlyinmylife:20170424201805j:image